2012年11月10日

  ASRock Z77 OC Formula Virtu MVP編

  7シリーズで搭載された機能

 知ってる人は、気が付くと思うが以前MSIが

 NVIDIA GPUとAMD GPUでSLIを両立させた

 lucidlogixが作ったシステム CPU内蔵GPUと

 ビデオカードを連携して3D性能を向上させます

 SLIや十字砲火と違い、コストパフォーマンスは大きい

 ただし、動作するM/Bは

 サポートしてる製品のみ こちら

 ドライバもソフトウェアにより変わるため

 パフォーマンスを確認するには、自分で試さないと駄目です

 3D Markの承認ドライバ確認 こちら

 CPUのGPUとビデオカードの連携は

 ボタンのON・OFFで操作できる

 パフォーマンスは2つのボタンがある

 フレームレートを向上させる HyperFormance

  ティアリングを防ぐ Vietual Vsync

 2つで動作させないとVirtu MVPの性能は発揮できないが

 ゲームに対応させる場合や、不具合のある場合

 ボタンで変更しないと駄目な場合もあると思う

 Vietual Vsync

 これをOFFにすると

 フレームレートが最大60fpsに制限される

 問題なく動くならON

 サポートされてるソフト

 Dは、ビデオカードのポート

 Iは、M/Bのポート

 注意するのは、アンインストールする時に

 設定を保存するのですが

 設定意外にも、何かしら保存されてるので

 不具合があると、そのデータも保存され

 バージョンUPしても、保存されたデーターを引き継ぐので

 不具合がでる可能性が高いので注意すること

 ドライバのバージョン

 最新ドライバはこちら

 ゲームに対応していれば

 バージョンを上げる必要も無いだろう

 最新バージョンだから、安心とは限らない

 intel Core i5 2500KにもGPUが内蔵されている

 HD3000

  ビデオカードはMSI N480GTX Twin Frozr II

 これを使用して試します

 ASRock Z77 OC Formulaには

 OC Tweakin

 3D Mark 01最適化BIOSがあるので

 これも試してみます

 3DMark 2001

  Virtu MVPは2006からサポートしてるので

 動くかどうかです

 Virtu MVP OFF

 Virtu MVP ON

 多少向上?

 OC Tweakin ON

 多少向上?

 3DMark03

 Virtu MVP OFF

 Virtu MVP ON

 OC Tweakin ON

 スコアがダウン

 3DMark06

 Virtu MVP OFF

 Virtu MVP ON

 多少向上

 OC Tweakin ON

 スコアがダウン

 3DMark VANTAGE

 Virtu MVP OFF

 Virtu MVP ON

 1万スコアアップ

 OC Tweakin ON

 何故か?スコアがUP

 3DMark11

 Virtu MVP OFF

 Virtu MVP ON

 OC Tweakin ON

 変わらず

 

 

Virtu MVP OFF

Virtu MVP ON

OC Tweakin ON

2001

56177

57308

57478

2003

88297

89390

89312

2006

23673

24514

24476

VANTAGE

19183

29610

30265

2011

5579

7317

7317

 

 対応してれば、その効果は大きいですね

 intel Core i5 2500K

 MSI N480GTX Twin Frozr II

 もはや、古いパーツだが

 M/Bを交換しただけで、性能が上がるのは嬉しいことだ

 

 OC編

 

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR