2013年1月19日

 Lenovo G560 06792HJ メモリ交換編

 妻のノートPCなのですが

 妻曰く、これで十分だそうですが

 見てると、苦しそうなので

 円安により、メモリの価格が上がりそうなので

 その前に、内緒で交換しときましょう

 注意するのは、win7 32bit版は3GBしか認識しません

 私のは、win7 64bit版です

 購入したのは

 BUFFALO ノートPC用増設メモリ

 PC3-10600(DDR3-1333) 4GB×2枚組

 D3N1333-4GX2/E

 2800円 amazonでの価格

 PCに詳しくない人でも知っている

 ブランドメモリである

 Lenovo G560は

 標準が、PC3-8500(DDR3-1066) なので

 PC3-10600(DDR3-1333)が

 対応してるかが心配でもある

 ELPIDAのチップが使われている

 交換には、裏蓋を開きます

 外し方があり外回りのネジは外れません

 中央の2本のネジを外してから

 外のネジを完全に緩めたら

 ガバット外します

 禁断?の内部

 メモリスロットが見えます

 サイドのロックを開くと

 解除され、メモリが起き上がります

 メモリを交換します

 上のメモリスロットは、固くて

 最初は、スロットの不良かと思いましたが

 強く押さえると、カチット音がして

 ロックされました

 メモリが固定されてるのを確認してから

 PCの電源を入れてください

 2BGの時

 8GBだと、かなり低くなりますね

 メモリ容量が必要以上だと思えば

 フリーソフトのRAMディスク

 SoftPerfect RAM Diskを使用しても良いかもね

 私は、試してませんので

 人柱で、お願いします

 使い方はこちら