CPU交換編

 ノートのCPU交換は可能か?

 基本的にBIOSが対応していれば可能だ

 C2Dで注意するのはチップセットだ

 intlの場合GL960 Expressでは、まず交換できない

 GL965 なら、最近のCPUは交換できる (2008/4での話し

 ただ、どのノートでも交換できるかは

 保障しないので

 あくまでも参考としてほしい

 難しい気もするCPU交換も実は簡単だ

 注意したいのはネジの取り出し

 コロット中にネジが落ちては大変

 先端にマグネットのあるドライバーを使うこと

 まず CPUファンの取り外し

 3箇所のネジで止めているので外す

 ファン電源コネクターを外す

 次はヒートパイプ

 4つのネジを外せば取り外しできる

 CPUの顔が見える

 ピンクにCPU固定ネジがあるので回すと

 ロックが外れる

 正直 Celeron 540でVISTAは酷だ

 ストレスがたまる

 XPのダウングレードしたほうがよい

 そこで交換

 CPUは中古 C2D T7500 デュアルコアだ

 新品で交換だと高いので

 上級グレードを購入したほうがお得です

 貧乏人は

 オクで、粘ってれば安く手に入よう

 個人的には、2年ほど使い込んで

 CPUが5000円ほどで手に入れば

 交換する!でいいと思う

 CPU装着

 後は電源をON

 上手く認識していないようなら

 もう一度 再起動してみてください

 今は、ノートをメインとして試験中です

 メインモニターはSyncMaster 215TW-R

 HDDは80GBでも

 CENTURY 裸族の二世帯住宅があれば問題なし

 CPUはT7500で十分そうです

 CPUの性能については↓を見てください

Celeron 540

 vistaで重い原因は、物理メモリの使用量

 XPの3倍だ

 ウィルスセキュリティー関連のソフトを外すと

 200MBほど下がるが、今では危険だ

 メモリを増やしても、この傾向は変わらなく

 軽くするには

 負荷の、少ないウィルスセキュリティー関連のソフトを選ぶ

 CPUパワーを上げるしかないのだ

 

 

C2D T7500 デュアルコア