2006年9月15日

 Thermaltake CL-W0103 6980円

 このシリーズで、一番に興味があったパーツです

 ポンプ・温度計・リザーバーが付いて、この価格

 自作水冷なら、倍・・いやいや3倍はするかも

 写真では、小型に見えますが大きいです

 ポンプとリザーバーを繋ぐと15cmほどです

 最近の横幅が広いケースなら問題ないです

 高さは10cm・奥行きは7cmです

 説明書は英語ですが、問題ないと思います

 ポンプ→ヘッド→ラジエター→温度計→リザーバー

 こんな感じです

 水流量500L/hの強力ポンプです

 モーター音が、ちょっと気になる

 無音に拘るなら、パスした方が無難です

 耳障りなので、防音の高いケースなら大丈夫かも

 多少の音も、気にならない人なら◎

 径ですが、どちらともG1/4対応なので

 innovatekのフィッテングも取り付けできますが

 水漏れします

 シールテープを使えば、問題なし(保障しません

 残念なのがリザーバは固定されてます

 無理に外すとネジ山がなくなります

 どうも接着されてる感じです

 穴の径はG1/8

 どうせなら、この部分もG1/4対応にして欲しかったです

 12mmの穴を開けタップでネジ山を作れば

 なんとか対応できそうですね

 温度センサー

 これもG1/4ならなぁ〜

 フッテング径はG1/8です

 innovatekのフィッテングも取り付けできますが

 水漏れします

 シールテープを使えば、問題なし(保障しません

 温度表示の機能は

 上は現在の水温

 下は、上限が設定できます

 61.8度を超えるとブザーが鳴ります

 後、リザーバーの水が少なくなると

 液晶が青から赤になります

 これは、大変便利ですね

 Thermaltake CL-W0103を取り付け

 冷却水の入れる口が奥にあるので

 入れ難いですね

 内蔵ポンプとしての出来は、今ひとつです

 今まで使ってた

 Innovatek HPPS-Pumpe 12V  15000円・・高い

 これは、今考えると

 静かだし、使いやすいですね

 超静穏ならこっちですね

 また、気分で戻すかもしれません

 Thermaltakeのホース左と右

 右は、内径6.4mm外径8.4mm

 左は、内径9.5mm外径11.5mm

 中央は、innovatek チューブ内径8mm外径10mm

 Thermaltakeのホースは硬いのでPCケースないの

 配管?は難しいかもしれません(綺麗に作る場合)

 困難なのは、フィッティングと呼ばれる

 接続するパーツが無いこと

 この点がThermaltakeの弱点だと思います

 各メーカー共に規格が同じなら、いいのにね

 Thermaltakeのホース内径6.4mm外径8.4mmは

 なんとかinnovatekのフィッテングに接続できます

 ラジエターやCPUヘッドは、他のメーカーも使えそうです

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR