2007年2月22日

 ASUSTeK COMMANDO Intel P965

 30980円

 ASUSのゲーマー&オーバークロッカー向けのM/B購入

 この手はDFIが得意なのですが

 今年も、DFIは元気なく

 ASUSが、高級オーバークロック向けM/B分野を

 奪ってしまった感じがします

 初回の販売は、直ぐに完売になるほど人気のあるM/Bです

 COMMANDOのケースは、今までの箱と違います

 クリヤケースがM/B台になるので、実験用台として

 使えそうな感じ

 これは、意識して作ったのなら凄いですね

 説明書は英語

 付属のDVDソフトは

 DVDビデオ DVDコピー 動画編集

 ドライバやツール・ウイルス駆除は、一度に自動的に

 インストールしてくれるので楽チンです

 P5B Deluxeとの違いは

 3DMark06 Advanced Edition(ベンチマークソフト

 Tom Clancy's Ghost Recon Advanced Warfighter(ゲーム

 が付いてること

 チップセット用のクーラー

 CPUクーラーがない場合やヒートシンクに

 風が当たらない場合などに使います

 音は、静かです

 スイッチのアタプターは

 狭いケースなどには、便利もんです

 ケーブル類

 USB 2.0とIEEE1394a

 正直、USBポートは4つほど欲しいですね

 24bit/192kHzサンプリング

 DTSに対応

 7.1チャンネルサウンド

 CPUパワーは必要とするサウンドカード

 サウンドカードチップは、SupremeF

 なかなかカッコイイM/Bです

 目立つのがアルミコン(富士通メディヤデバイス

 OCには、強いと言われますが

 実際には、あまり耐性というか性能が良いと聞いた

 ことがありません

 P5B Deluxeとの違いで思ったのは

 PCI-Eの位置が下がったので

 メモリクーラーが付けやすくなったことかな

 PCIのスロットも増えたのは嬉しいですね

 十字砲火にすると使えませんが・・・

 ASUS自慢の8フェーズの電源回路

 P5B Deluxeとの違いで思ったのは

 コイルが小さくなっていること

 性能的にはどうかな?っと感じますね

 

 I/Oパネルには液晶があるけど

 こんな、使えない機能は排除してほしいですね

 eSATAやUSBポートを増やしたほうがマシです

 M/Bに付いているスイッチ

 起動すると光ります

 OCには便利ですけど

 CMOSは、うっかり触るとBIOS設定が消えそうで怖い

 M/B上に付いている

 3ピ電源用のコネクタは7つ

 温度センサーは3つ

 ケースファン・ビデオカードファンなどに使えるので便利です

 BIOSで回転設定もできるのも魅力です

 温度センサーは3つ

 残念なのはセンサーのケーブルが付属されてないこと

 SATAポート IEDは、M/Bに横向きで取り付けている

 ASUSTeK COMMANDOは高いと思うのですが

 実際は安いと思うくらい装備・付属品はいいですね

 問題は自慢のBIOS設定項目

 CPUやメモリを壊せるくらいの電圧設定が出来ます

 この辺は、メーカーも自己責任でなく

 メーカー保障はして欲しいですね

 

 DFI LANPARTY UT P35-T2R

 最後までレビューを読んでくださり、ありがとうございました

  

 PR