2012年9月30日

 OCCT 4.31 / 4.40

 ストレステストをリアルタイムでモニタリングできる

 画面は、分離が出来るようになっています

 ダウンロード http://www.ocbase.com/perestroika_en/

 日本語表示にも対応

 橙の歯車をクリックすると オプション画面が出ます

 フリーソフトを使うことにより電圧もグラフ表示できます

 幾つかのモニターソフトで動きますが

 SpeedFan, Motherboard Monitor, Everest sysTool

 Built-in (HWMonitor )が、最適化してる感じです

 注意点は、ソフトは正しいと思わないこと

 M/Bの対応にもよりますが、バラバラの場合あり

 温度表示にも誤差はあるようです

 電圧・温度は あくまでも参考の値です

 グラフの保存は、前は色々できましたが

 今回から1種類のみとなりました

 ストレステスト

 測定はグリーンのボタンを押せば開始される

 時間設定したければ

 カスタム テスト ボタンで変更しよう

 アイドリングから→OCと負荷を掛けていきます

 途中 エラーが発生するとストップします

 グリーンのONでスタートします

 HWMonitor 負荷テストは、これを使ったほうが良い

 他は、動かない場合があります

 ビデオカードの負荷は、場合により限界まで逝くので

 リテールファン 要注意

 心配な人は、夏場での暑い場所は避けた方が良い

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR