2013年12月30日

 SILVERSTONE SST-ST60F-PS 8980円

  2012年11月末に登場

 Haswell発売前の製品だが、対応している

 80PLUS Silver認証

 フルプラグインと、奥行き14cmが売りの電源

 8月に購入していたが

 なかなか、取り付ける時間も無く

 今まで、放置していましたが

 2年ぶりの電源の購入です

 説明書

 付属品には、手回しネジも付属する

 ケーブル

 メイン20+4ピン 1本

 4+4ピン12V 1本

 6+2ピンPCI-E 6ピンPCI-E 2本

 SATA×4 2本

 4ピン×3 FDD×1 2本

 外見は、スチールのボディーにつや消しの黒

 ファンガードに、シルバーストーンのマークが目に付く

 1万円ほどの電源なので、多少高級感があると思うが

 基本的に、低価格帯の電源である

 Haswell対応している

 80PLUS Silver認証

 ActivePFC搭載

 過負荷保護(OPP)

 過電圧保護(OVP)

 過電流保護(OCP)

 短絡保護(SCP)

 最大の特徴で、最大の欠点

 フルプラグインなので、ケーブルの長さを変えることが出来る

 が・・・オプションで手に入れるのが困難な場合がある

 裏には、SILVERSTONEの刻印

 +12Vを1系統にするのは、当たり前となっています

 ハイエンド ビデオカード1枚なら

 余裕の容量です

 電源内部

 驚くのは、フィンの無い

 アルミのヒートシンク

 昔で言えば、格安電源の部類に入るのだけど

 メーカーでも、違うけど

 プラチナクラスだと、ヒートシンクも少ないので

 電源の発熱量からすれば

 これで大丈夫なんだろう

 ヒートシンクはショボイけど

 制御系のICが、綺麗に配置されてるのは

 今時の電源と言った所

 部品の配置は、エアーフローを考えてか

 綺麗に配置されている

 意外にもコンデンサには

 松下製が使われている 85℃

 105℃と比べれば、1/4倍の耐久性

 海外製の105℃と比べると

 性能と耐久性は、どうなんだろう?

 と思ってしまうが

 発熱が低いと考えれば、問題ないのだろう

 安い部類の電源なら

 この部分は、むき出しのコイルなのだけど

 この辺りが、80PLUS Silver認証の証

 こちらは、台湾のTEAPO 105℃対応となっている

 ファンは12cmファン

 2ピン端子なので、ファンを交換する場合

 改造しなければならない

 最大回転数2000rpmのFAN

 GLOBE FANが使われてるのは評価する

 静音に優れてるスリーブベアリング

 寿命は、短いとされるが 耐久性は26000時間

 日数とすると24時間動かして1083日で問題ない

 この電源は、電源を切っても、数秒間 廻っていて

 排熱する

 この製品の最大の魅力は

 スリーブ方式のケーブルに交換できること

 種類は少ないけど、安い値段で交換できる

 ただ、入手が困難な場合があるけどね

 できれば、電源側の端子をオスにして

 他社製と互換できれば

 もっと面白いんですけどね

 SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル

 SST-PP06B-EPS75 1320円

 8ピン 75cm 電源が下に設置の場合、55cmだと短いかも

 スリーブは、テカテカのナイロン系ではなく

 綿っぽい感じの素材

 着色したいなら、染Qを使えば大丈夫かも

 延長ケーブルではないので注意してください

 amazon で購入していますが、 ツクモark-pc共に

 基本的に在庫無しが多い

 昔のケースなので、裏配線なしのため

 長く伸びています

 SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル

 SST-PP06B-MB55 1450円

 24ピン 55cm

 スリーブは、テカテカのナイロン系ではなく

 綿っぽい感じの素材

 着色したいなら、染Qを使えば大丈夫かも

 延長ケーブルではないので注意してください

 amazon で購入していますが、 ツクモark-pc共に

 基本的に在庫無しが多い

 こんな感じに

 テカテカ感がないので、地味

 動作正常 OK

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR