2012年2月18日

 DN-HPA509B 9999円

 上海問屋 or 楽天 で売られている

 USB DAC機能搭載真空管ヘッドフォンアンプである

  上海問屋では

 数年前からヘッドフォンアンプを

 取り扱ってて興味があり購入した

 真空管ヘッドフォンアンプも、ピンキリだが

 このモデルは、どちらかといえば初心者向けだろう

 けれども

 私にしては、高い値段である

 PC関連の真空管のアイテムは今回で2度目となる

 最初は、2002年に登場したAOpen AX4PE Tube 

 M/Bに真空管と、面白い製品である

 発売時は、2.3万と高値であったが・・・・

 半年後には、投売りされた 悲劇のM/Bでもある

 付属品は、USB接続コードと

 薄っぺらい英語の説明書である

 残念なのは、USBコードですね

 フェライトコアが付いてるのは評価しますが

 端子部分が金なら、高級感もあり

 良かったと思います

 大きさは、21 × 17 × 12 cm

 大きな、弁当箱サイズです

 重さは、2.59kgと少々重い

 デザインは、シンプルで高級感ありますね

 大きさも、ヘッドフォンアンプとしては

 大きいと思いますが、存在感があって

 それも、また良い感じです

 フレームの素材は、アルミとスチールです

 側面は、スチールなのですが

 これが、アルミだったら

 もっと高級感が出ると思いますね

 DN-HPA509B本体で驚くのが

 前面と後面に取り付けられてる

 アルミパネルである

 ヘアライン加工してあり、高級感を演出していますが

 厚さですね

 前面10mm

 後面6mm

 無駄に、厚すぎるような気もしますが

 贅沢で、良いです

 底面も、厚く1mmあります

 内部を開けると分かるのですが

 全体がヒートシンクとなっている構造です

 POWERスイッチ

 ヘッドフォン端子

 切り替えスイッチ

 ヘッドフォンを、付けたまま切り替えると・・・・

 バチット

 耳が、痛くなるので注意してください

 ボリュームスイッチ

 シンプルで、高級感がありますが

 回すと、スムーズではなく

 金属が擦れる音がするのが残念ですね

 裏

 消費電力は、高そうに思えるが14W

 端子部分が金なら良かったですね

 ライン出力端子も付いているが

 500mW+500mWなのでアンプ付きスピーカーは必要です

 真空管には、プラッチックのカバーが付いています

 安い値段のため、1つしかないのが

 頼りない感じもしますね

 取り外すと 北京 6N2の文字が見えます

 ロシア製だと、350円で購入することが出来ます

 AOpen AX4PE Tubeの時は

 説明書に、色々な真空管の紹介がありましたが

 この製品には、なかったのが残念ですね

 真空管を交換できるのも、魅力の一つです

 真空管の底にダイオードがあり

 電源を入れると、オレンジ色に光ります

 イルミネーションは、好む人もいますが

 個人的には、好きではありません

 ただ

 電源のOFF&ONの目印になるので、便利かも

 内部を開けてみる

 USB D/Aコンバータは、Burr-Brown PCM2702

 コンデンサはルビコン105℃

 真空管アンプを比べて感想するのが普通だが

 私の場合、これが初めてなので出来ません

 ただ、より良い音を求めるなら 改造だろうと思います

 USB接続でも、ノイズはありますね

 ボリュームを下げると耳障りになります

 電源と一体化してるのが、原因かもしれませんが

 私には?です

 音質の調整もないので

 ヘッドフォンで、音質を変えるしかありませんが

 真空管アンプ、入門機としては

 面白い存在だと思います

 

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR