2017年9月24日

 Corsair K65 RGB MX Red 9980円

 日本語 ゲーミングキーボード -CH-9000222-JP

 amazonでの評価と価格

 名機 NMB RT6652TWJPも8年ほど使い続けてるが

 未だ・・・故障無 凄い耐久性だが

 そろそろ世代交代したいので、ゲーミングキーボードなるもの

 興味があり購入した

 Corsair K65 RGB 発売時期は2014年11月 23000円

 2016年に、ロゴと型番がチェンジ 17000円と価格改正

 高いと感じるかもしれないが

 値段を考えると、コスパの良い製品だと思う

 Corsair K65 LUX amazonでの価格と評価

 値段が少し高くなるが、よりゲームに適したキーボードです

 こちらも、オススメ

 付属品 パームレスト

 説明書は、英語  (日本語マニュアルこちら

 かなり不親切です

 パームレストは着脱できる

 使い良さそうだが、実際に取り付けてみると

 小さくて・・・あまり意味がない

 パームレスト無の方が、個人的には使いやすい

 接続はUSB2つあります

 USB3.0なら、キーボードマークのUSBを接続します

 USB2.0なら、2つ共接続します

 

 配列は91キー日本語レイアウト

 キーは底上げしてあり

 埃などのメンテナンスは楽そうです

 チルトスタンド

 他の製品と違うのがボディーの高級感

 ヘアライン加工したアルミ板です

 

 キーはゲーミングジャンルで要求される

 複数キーの同時押しが可能です

 すべてのキーがアンチゴースト機能に対応

 5000万回のストロークに耐える高耐久設計を採用

 8倍高速な1000Hzの高速レポートレート

 キーボードからPC間の伝達速度

 1:1000Hz/2:500Hz/4:250Hz/8:125Hz BIOS

 最近のPCなら、最速で問題ない

 ゲーマーなら、迷わず最速

 

 注意 起動中に変更してはいけません

 

 左の穴は、ハードウェアリセット

 ソフトウェアが認識しなくなった場合とかに使いましょう

 爪楊枝でOK ボタンの押す感覚が・・無いです

 マルチメディアキー

 左から LEDバックライトの輝度変更用ボタン

 音声 OFF 音声 小 音声 大

 ウインドーズロックキー (ゲームからの誤離脱を防ぐ)

 メカニカルスイッチは

 ドイツのCherry MXキースイッチの赤 (赤軸)を採用

 キーボードタッチは、あ〜だ こ〜だと話すことがありますが

 世界の基準は、Cherryですので (車だとゴルフかな)

 Cherryの×軸より、軽いか重いか良いか悪いかとなります

 ゲーミングキーボードの主流は、メカニカルスイッチです

 青軸 赤軸 茶軸 黒軸 他に派生が幾つもありますが

 自分の好きなタッチが選べるのは良いことです

 ゲーミング=青と思うかもしれませんが

 個人的には軽すぎて、疲れるので赤となります

 キーストロークが最大4mmで接点が2mm

 押し切らなくても反応します

 ヘタクソだと誤爆(タイプミスが多い)

 キーボードの打鍵感

 高い製品なら、ショップで色々試すと良いです

 名機 NMB RT6652TWJP メンブレンキーボード

 2001年の製品だと、黒軸と似たような打鍵感でした

 中華軸・コピー製品・コピー改良型など

 大陸製品の打鍵感は、Cherryと違うので注意すること

 カチャ音は、気持ち良いですが

 人によっては、騒音となることもあります

 周りの人に、迷惑にならないようにしましょう」

 各キーに1,680万色で発光するLEDバックライトを内蔵

 イルミネーションは、ソフトウェア場で設定する DL

 詳しい説明書が無いので戸惑うが

 簡単な設定なら、問題なくできると思う

 オリジナルの設定は、ユーチューブの動画を参考に

 かなり複雑に作れるが理解できる人は・・・無いかも

  

 面白い機能ですが

 タイプ中はキーボードを見ることは無いので関係なく

 第三者のアピールにはいいかも、子供は喜びそう

 最終的に自己満足で終るかな

 観てる分には、面白い

 コンパクトになったキーボード

 机が広くなって気持ちよくなりました

 前のキーボードと比べて

 キーの間隔が小さくなったことで、誤爆が多い

 キーの位置が高いので、打ち辛い

 しばらくは、慣れですね

 良いキーボードだと思います!

 

 売りのイルミネーション機能の説明が無く

 楽しみにしてただけに、残念な所でもあります

 2017年9月30日 追加

 Corsair Utility Engine

 メーカーがサポートしてるソフト

 このソフトで、光やキーの割り当てなど細かく設定できます

 説明書は、不真面目ですが

 ソフトは意外と更新しています

 キーボードのカーソルをクリックすれば設定画面です

 照明効果を押して

 好きな照明を選べばOKです

 

 アクションは、ショートカットキーを作ったり

 カスタムする事が出来ます

 

 パフォーマンスは玄人設定です

 Corsair Utility Engineで不満の方は

 corsair effects engineを使ってみましょう

 サイトはこちら

 矢印からDLします

 怪しげなサイトなので不安ですが、インストールします

 インストールすると起動します

 注意するのは、 Corsair Utility Engineと連動します

 コラボしてしまうので、ウザイなら

 Corsair Utility Engineでの

 光の設定はOFFにした方が良いです

 設定は簡単 キーボードの種類を選びます

 対応してないキーボードでは動きません

 K65 RGBを選択します

 Kwyboard layout

 国の選択ですが、日本では動きません

 north americaを選択してください

 左の■ Addをクリックします

 光のエフェクトを選択できます

 2つほど紹介

 Spectrograph 音楽に合わせて光ります

 音楽はもちろん、ゲーム音にも反応します

 CPU Usage bar

 CPUパワーに合わせて光ります

 ゲームの負荷を調べるのに便利かも?

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング