2011年12月4日

 コムテック(COMTEC) BETIME SR100 6980円

 オートバックスの500円クーポン使用で6480円

 安かったので購入しました

 一番安いグレードなので

 アンサーバック機能がありませんが

 ターボタイマーが付いてるので、値段的に悪くないです

 オプションで色々対応できます

 面倒なので、こちらを御覧ください

 取り付ける車は

 HG21S セルボ タイプT 4WD ターボ

 付属品です

 5年ぶりに購入しますが

 ユニットの小型化は、まだ先のようですね

 エンジンスターターには、必要な

 車種別のハーネスが必要となります

 2500円でした

 これが、ハーネス

 取り付けですね

 難しいと思いますが

 カーオーディオを取り付けれるレベルなら問題ないと思います

 ハンドルのコラムしたのネジを外します

 カバーを外します

 コネクーターが見えるので

 これを、外してハーネスを取り付けます

 ただ、ベテランの人はこれでOKですが

 初心者には、作業し辛い場合

 コラムカバーを外しましょう

 ハンドル右のネジ

 ハンドル左のネジ

 コラムカバーは、どの車も硬いので外しにくいですが

 思い切って

 押して引く感じで外しましょう

 バキット外れました

 ハンドル下の写真ですが

 一番したの四角いカプラーを外します

 こんな感じですね

 別売りのハーネスを取り付けます

 次にアースですが、基本ヒューズBOXの近くにあります

 セルボは、ボンネットを開けるノブの近くにあります

 カバーを外します

 注意点は、ピンで固定してるので外してください

 真ん中のボッチを、ドライバなどで押してください

 カバーを外すとアースの取り付け部分が見えます

 コントロールユニット

 オプションが無い場合、基本OFFでOKですが

 なんらかの不具合があるとON設定します

 HG21S セルボの場合

 間違えてDレンジで、エンジンを切った場合に

 エンジンスターターを動かすと・・・・

 エンジン始動して車が動いてしまいます

 危ないので、フットブレーキのセンサーをONにします

 すると

 エンジンスターターを動かしても

 エンジンは始動しません

 フットブレーキの配線は

 フットブレーキの上のカプラを外し

 赤と緑の配線に、付属するカプラーで配線します

 狭い場所なので

 ここが一番、苦労する所ですね

 何時も、困るのが

 コントロールユニットを置く場所です

 ハンドル下の小物入れ部分に隙間があるので

 脱脂してから、両面テープで固定しました

 2013年 3月

 突然コントロールBOXが落ちてきたので

 ヒューズBOX横に取り付けました

 両面テープは、危ないですね

 アンテナは、ダッシュードに固定

 粘着が強いので

 一発で固定してください

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR