2014年 8月2日

 オイルキャッチタンク

 Yahoo!オークションで購入

 K&M製の難あり品 1500円を選びました

 160mm×62mmφと細身の製品

 付属品

 9mm→19mm変換アダプター(穴あき)/1個

 

 タンク固定メタルバンド/1個

 

 9mm→19mm変換アダプター(穴なし)/1個

 

 タンク固定金具/1個

 

 取付ブラケット/1個

 

 9mm→14.7mm変換アダプター(穴あき)/1個

 

 ボルト・ナットセット/4セット

 

 9mm→14.7mm変換アダプター(穴なし)/1個

 

 ガスケットシール/2枚

 

 14.7mm/19mm共通ホースバンド/2個

 

 9mmホース用ホースバンド/3個

 B級らしくバリがあります

 セルボは、内径12mmなので

 アダプターは、利用できず

 ホースで、調整

 オイルチャッチタンクは、必要なのか

 レース等でエンジンブローした時に

 吹き出したオイルでコースを汚さないようにする

 ための規格です

 ブローするほど走る

 チューンドカーなら意味があると思うが

 私の低ライトチューンなら必要性は無いが

 ブローバイガズ対策用です

 痰を、飲み込むか

 痰を、痰つぼに捨てるかの違いと考えています

 共に、体に影響なしだが

 気分的に、違う

 そんな感じだ (どんな感じだ?

 100円ショップの

 自転車用のドリンクホルダーで固定します

 こんな感じに取り付け

 装着

 エエ感じです

 着脱は、楽

 良い感じです

 取り付けてから、結構 溜まりますね

 嬉けど、面倒でもあり

 メンテナンスが、好きでないと駄目かも

 ブローバイガス (通称 生ガス)

 燃焼ガスが漏れ出したもの (簡単に説明)

 ブローバイガスが多いと

 シリンダーが磨耗してる・エンジンの劣化

 エンジンオイルの劣化が指摘されます

 が、チョイノリや

 寒い時期は、多く溜まりそうです

 結露・湿度などが影響するかもしれません

 寒い時期の場合 ガソリン燃焼後の水が多い

 ターボ車は、多いらしい

  岐阜県高山市 標高560m
月日 ブローバイガス 一ヵ月平均
2015 1月11日〜3月23日 200cc 66.7cc
  3月24日〜5月24日 100cc 50cc
  5月25日〜7月25日 50cc 25cc
  7月25日〜9月25日 50cc 25cc
  9月25日〜12月5日 140cc 70cc
2015-2016 12月5日〜1月30日 100cc  通勤少ない 50cc
2016 3月31日〜5月29日 50cc 25cc
  5月29日〜7月31日 10cc 5cc
  7月31日〜11月6日 50cc 16.7cc
2016-2017 11月6日〜1月29日 200cc 66.7cc
  1月29日〜3月31日 100cc 50cc

 

 小まめにデーターを蓄積すれば

 エンジン診断に役立ちますね

 2014年 8月2日〜2017年 4月15日

 2017年 4月15日 ホース交換

 次は、シリコンホースに交換しよう

 パイ14mm〜10mm

 12mmのシリコンホースに交換予定

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR