2015年1月11日

 カシムラ 車内外サーモ AK-109 amazonでの価格と評価

 

 剥き出しエアークリーナーのオーナーが気になるのは

 ボンネット内部の温度である

 

 それは、吸気温度がエンジンパワーに左右されるから

 

 ターボは、過給器で圧縮されるので気にしない人もいるし

 出来るだけ冷やしたほうが良いと考える人も多い

 

 実際のボンネット内部の温度は、どうなのかと知りたくなった

 

 故障診断コネクターで調べれば、簡単だけど

 エンジン内部だし

 

 ボンネット内部の温度を調べたかったので

 安くて使えそうな製品を購入してみた

 室内用と車外用のセンサーが計2つ付いています

 

 温度は、最大60度まで

 ボンネット内部は、適用外ですので

 夏には、壊れてるかも

 センサーは

 インテークマニホールド裏の、ゴムキャップから通しました

 

 線が細いし、耐久性もなさそうなので

 慎重に通します

 私のエアクリの位置は、奥なので

 そこにINを設置

 OUTは、右のヘッドライト位置に取り付け (仮)

 ±2度と誤差が大きいですが

 それほど、正確さは求めないので良しとします

 

 1月の冬場だと、通勤では20度ほど上がります

 朝の出勤だとマイナス表示です

 

 マイナスだとエンジンの動きが悪く

 プラスになると、エンジンも元気になりますね

 

 40度を超えると・・元気がない感じ 30度近辺がベスト

 2016年9月16日

 センサー移動

 インタークーラーの裏に取り付け

 温度は、エアクリの吸気の場所と変わらない感じ

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR