2018年 8月3日

 アイドルスピードコントロールバルブの掃除

 8月の暑い日です

 信号待ちでエアコンを動かすと

 回転数が安定して無く

 止まるんじゃないかと心配しました

 走行してても、壊れる予感を感じました

 低回転で安定しないのは

 スロットル系の汚れが怪しいので

 洗浄剤を使うことにしました

 

 PITWORK 燃料系洗浄剤 F-ZERO レッドキャップ

 ワコーズ製日産向けOEM商品 フューエルワン相当品

 amazonでの価格と評価

 100kmほど走り終える頃には

 調子が良くなったのですが

 アイドルスピードコントロールバルブの掃除を

 11年目で初めてしたいと思います

 アイドリングが不安定になるトラブルは

 CBA-HG21Sによくあるようです

 エアクリとインタークーラーを外します

 こんな感じになります

 ECUのリセットもしたいし安全のために

 バッテリーのマイナス端子を外します

 アイドルスピードコントロールバルブと

 連動弁の2か所を掃除します

 ネジ外しにはワコーズ RP-L ラスぺネ

 1745円を使用しました

 amazonの評価と価格

 洗浄には

 ワコーズ スロットルバルブ クリーナー

 2250円を使用しました

 amazonでの評価と価格

 連動弁を外してみた

 意外に綺麗でした

 11年経過してるが

 そんなに汚れてなかったので

 今度は、バラスの面倒だしパスしよう

 パッキンはくたびれてるので

 amazonで購入しました

 Oリング 4D S18 66円 送料は別

 S規格 (線径φ1.5mm x 内径φ17.5mm)

 使用温度の目安は−20℃〜230℃

 amazonでの評価と価格

 こんな感じで、はめ込みます

 アイドルスピードコントロールバルブ

 ねっちょり汚れています

 綿棒で掃除しました

 お掃除完了

 写真がありませんが

 スロットル内部も

 綺麗にして完了しました

 アイドリングが安定しましたね

 走りは

 今まで加速するとウォンウィオンと苦しそうでしたが

 元気に戻りました

 セルボターボ復活です

 簡単なお掃除で、走りが良くなるので

 毎年掃除した方が良いかもしれません

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング