TOP

rennonの経済のアノマリーとサイクル

短期相場

 上級・中級 売り時・買い時

 暴落して成長します

 黎明期 れいめいき 成長期待

 成長期 せいちょうき 利益が大きく成長

 成熟期 せいじゅくき 高値更新するも利益鈍化

 黎明期から這い上がる強さなら

 数倍のリターンを得れる事が出来る可能性があります

 インディクス投資

 暴落を、真面に食らうのがインディクス投資です

 受け止める事が出来なければ続けれません

 簡単なようで難しいと言われる投資方法です

長期相場

レイ・ダリオ 経済のサイクル

★ 第一は生産力の成長

 クレジットが無いと生産量を増やせない 成長できない

★第二は、債務と短期的周期

 景気が良くなってから悪くなるまで

 短期債務の周期 5年から8年

★第三は、債務と長期的な周期

 人は最近の動向のみに注意を払います

 上手く 成長してるとブームからバブルに変化します

 債務が増えても所得が増え続ければ

 人は裕福だと感じます

 しかし、これは長続きしません

 

セクター別 ローテーション

 

 景気サイクルとセクター・ローテーション

 SBIより

 上級 個別株を買う 売り時も考える

 中級 ETFを買う 売り時も考える

 初心者 積立NISA 全米 S&P500 全世界株

 初心者は

 積立NISAを最低15年間ひたすら買い増しすれば

 上流者のリターンに近づくことが出来るようです

 ただし、初心者の場合はメンタルが弱いので

 15年の積立だけでも、難しいと言われます

 

 個別株 セクター別ETFの流れ

 T Kamada YouTube

 上級・中級 流れに乗ることが出来るか

 売り時も大切

 

株価サイクル

 

 田中泰輔のマネーは語る より

 金利の操作により、株価サイクルが変わります

 景気が良い →インフレ 物価高 →

 金利上げる  → 株価下落 →

 インフレ 物価が落ち着いたら → 金利下げる→

 景気が良い

 金融相場の終わり

 インフレ対策によるFRBの豹変 利上げである

 グロース株が売られる 債券が売られる

 楽観は、要注意

 1年を通して売られる可能性がある

 優良バリュー株が買われる

 金利を上げるとドルが強くなり、円安になる

 田中泰輔のマネーは語る

 中間反落 3ヶ月〜6ヶ月

 中間反騰 一時的な反発からの戻り売り

 トレードが上手い人は、売買で利益を上げる

 景気サイクルは5年から8年として考える

 30%の下落は、当たり前に受け止めること

 

暴落率

 

 岡崎良介 ゆたかTVより

 下落率 平均25% まれに50%

 アメリカの右肩上がりの経済を信じるなら

 下がるからと言って利確しても税金20%取られます

 超長期なら、売らないのが良い選択

アノマリー

 FRB

 金利操作により 市場をコントロールする 彼らは任期中 売ることは出来るが買うことは出来ない

 彼らの予想出来る範囲は、半年である それ以上の予測は難しいと言われてる

 米経済は、予想が織り込み済みなら上昇下落を繰り返し平均5%以上のリターンを得ることができる

 予想出来ないことが起きる場合に、株は大きく上昇するか下落する

 

 ピーターリンチ

 株は下落するもの

 93年間で10%以上の下落50回 2年に一回は10%の下落

 50回の内 15回は25%以上の下落は、弱気相場と呼ぶ 6年に一回は25%下落する

 これが正常・当たり前

 

 長期的な展望

 景気サイクルは5年から8年 暴落 → 金融緩和 → バブル → 金融引き締め → 暴落

 インフレピーク 54年周期

 日本77年周期 明治→太平洋戦争終了→安部暗殺

 

 中期的なサイクル 売買

 タックスロス・セリンク 11月後半から12月25日まて゛に売り込まれる個別銘柄あり

 機関投資家の売り 業績が良かろうが11月〜4月は売り込まれる個別銘柄は多い

 10・11月に買い 4・5月に売る 3・12月は強気相場

 2月は、基本下がる

 弱気相場での大底は10月で終わる

 

 アメリカ大統領選挙周期

 大統任期 1年目 6.7% 冬 2年目 5.8% 春 3年目 16.3% 夏 4年目 6.7% 収穫の秋 1933-2015

 2年目は株価は期待しない 仕込みを考える年

 大統領任期の上昇 3年目後半から

 大統領任期の買い場 2期連続の場合 中間選挙の4半期

 

 年末

 12月に弱気相場になる確率は25% サンタクロースラリーが無い時 来年は金融市場に弱気相場が訪れる

 サンタクロースラリー 1年の最後の5日の取引日と新年の最初の2日の取引日を指す

 利確するなら、サンタクロースラリーが良い

 

 年始

 S&P500 1月の5日間の相場で上昇・下落でバロメーターが決まるが中間選挙は不規則

 1月に下げるとかなりの下落がある

 

 NASDAQ

 NASDAQ100 2000〜2020

 値下がり 6・9月 値上がり 4・7・11月

 騰落率 高い 4・7・10・11月 低い 5・6・9・12月

 

 ドル高 ドル安

 ドル高 円安 金安 ドル安 円高

 

 個別株

 会社の価値が分かる上級者向け、相場は関係ない 価値が分からない 相場でブレるなら指数で良い

 自分で調べることが出来ず、人に聞いて買うなら買わない方が良い

 

月ごとイベント

 02月

 SQ 日本10日 アメリカ17日 FOMC1日 失業率3日 消費者物価指数14日 製造景気指数16日 個人消費24日

 01月  SQ 日本13日 アメリカ20日 失業率6日 消費者物価指数12日 製造景気指数19日 個人消費27日

トレンドと年末の予想

 2022年 バブル崩壊  流行 積立投資 全世界株 債券 ・来年の予想 米国指数:もう一段下がる 流行 債券
 2021年 バブル

 流行 一括投資 レバナス ・来年の予想 米国指数:VTI S&P500は、横横かやや上昇 流行 レバナス

 

教訓

 無能が覚えて置くこと

 全てのセクターが暴落 金融相場になったら、一括投資 金融相場が終わったら、ドルコストで買い増し

 毎年、資産が増えるのは当たり前 増やさないといけないと思わないこと

 素人の場合 個別株は、金融相場で買い 金融相場の終わりで処分

 戦は、毎年戦ってはいけない 勝てる時に勝つこと

 

 

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング