2022年 9月24日

 劣化確率の低い駆動用電池の探し方

 三菱 アウトランダーPHEVは

 嬉しい事に、バッテリーの容量保障があります

 保障内容は変わるので、2017年型までですが

 新車登録した日から8年以内 距離は16万キロ以内

 バッテリー容量を70%割った場合である

 1・保障内の車を探し劣化してたら交換

 バッテリー保障については、こちら

 2・バッテリー交換してる車を探す

 3・劣化してない車を探す

 駆動用バッテリーの劣化の原因は

 チャデモでの急速充電との噂もある

 家庭用200Vでの給電は、バッテリーに優しい

 取り敢えず

 一番分かりやすいのが

 助手席下を覗いてみるとバッテリーに貼られてる

 製造日です

 車検証の初年度登録日を見ます

 平成26年5月

 西暦に直すと2014年5月・・・

 自分の車は、残念ながら交換していないようです

 交換していれば、製造日と登録日は違います

 2023年1月追記

 2016型からは、助手席後部座席下を覗くと

 四角い長方形のダンパーが取り付けられています

 2013型・2014型・2015型に取り付けてあれば

 交換してる可能性はあります

 2022年12月追記

 駆動用のバッテリー交換をしていても

 劣化してる場合もある

 販売してるお店では難しいかもしれない

 充電を満タンにした場合の表示

 50km以上は欲しい

 劣化してると30q代である

 私のは、購入時69qでした

 バッテリーの状態は、かなり良い

 ヤフオクで売られてる ハイブリッド・モニターを使う

 駆動電池の容量 正式では無いが

 ディーラーでの測定数値に近いと言われてる

 私のは、購入時 84%と表示されてた

 バッテリーの状態は、かなり良い

 ハイブリッド・モニター リンク貼っときます

 Review

 安くて数値を知りたいなら

 スマホアプリ PHEV Watchdog OBD2を使う

 OBDUBluetooth ELM327を

 購入しなければならないが

 アマゾンなら千円台で買える

 ハイブリッド・モニターと同じ84%と表示

 定期診断・リフレッシュした日を

 記録されてる感じです

 モニタリングアプリ リンク貼っときます

 Review

 注意すること

 ディーラー以外で補機バッテリー交換されてる場合

 駆動用バッテリー容量が100%になるらしく

 1年で、元の容量表示になるらしいので

 数値は、信頼できません

 

 ディーラーでの交換してる場合

 リフレッシュしてるので問題ないと思います

 測定器を使っての測定は、注意してください

 駆動用バッテリーとは関係ないのですが

 三菱は、7年目の車検で

 走行距離にもよりますが

 ブレーキのオーバーホール

 フロント ブーツの交換

 補機バッテリーの交換を奨励する感じです

 ディーラーでのバッテリーの交換は6万です

 ディーラーで7年の車検を受けて

 部品を交換してる車両は、お買い得感あります

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング