2008年4月29日

 Lenovo 3000 N200 Notebook 0769CBJ 64800円

 メインでも使える安いノートを探したら

 Lenovo 3000 N200にたどり着いた

 スペックはCeleron 540 Windows Vista® Home Basic

 メモリ512MB HDD80GB CD-RW&DVDコンボ・ドライブ

 最低限の装備だ

 lenovoといえばIBMを思い出す人も多いと思う

 ThinkPadのブランドは、今でも健在だ

 実は当初、ThinkPadのRシリーズを購入予定だったのだが

 注文して1週間・・・・

 チップセットがGL960 Expressだということに気づき

 急遽キャンセルして

 Lenovo 3000 N200に交換した

 注文したら、キャンセルできない店も多い中

 なかなか、対応がよかったです

 私の地域は

 田舎なのでノートなど見学できる場所も少なく

 どうせ、外国メーカーだから

 安っぽいと思っていたら・・

 箱を開けて、思ったのが

 ほほほほ いいよ

 シンプル イズ ザ ベスト

 しかも表面の塗装がよい

 ザラツイタ塗装なのだが、サラサラしている

 皮脂が付かないのだ

 最近はピアノ調の塗装が多く、脂性には大敵だったけど

 これなら安心だ (嫌われない

 しかも、中も皮脂が付かない処理をしている

 付属品は少ない・・流石 外国メーカー

 サポートは、主にネットだ

 メンテナンス BIOS ドライバ 全て手に入る

 HDD交換 メモリ交換の説明書もあるので

 スペックを上げたい人は、重宝すると思う

 詳細はHPを見てくれ(ナマカ)

 左にLAN IEEE1394 USB Expressカード/54×1

 5 in 1 マルチ・カード・リーダー

 右にマイク端子 イヤホン端子 USBが3つ VGA出力

 裏は電源入力 S端子

 前は、スピーカーが左右にある(音は悪い)

 ワイヤレスLANのスイッチもある

 モニターは

 15.4V型TFT液晶 1280x800ドット、1,677万色

 VibrantViewワイドスクリーン

 外部接続 2,048×1,536、1,677万色

 キーボードのタッチは悪くない

 文字のサイズは大きめ、見やすくて

 打ちやすいと思う

 なかなか好感が持てる

 cpuの熱を逃がすダクト

 裏を見てみると

 3つほどカバーがある

 とりあえず光学ドライブを外そう

 取り出し方は簡単で

 ネジを一本外すだけでいい

 ▼の部分のネジ

 ネジを外したら

 金具をズラス

 ドライブが外れる

 交換は楽 厚みは12.7mm

 メーカーはHitachi-LG

 ATAPI

 一つ目のカバーの中はHDDが入っている

 右のカードはワイヤレスLAN

 HDDの取り出しは簡単で

 黒いベルトを引っ張るだけでよい

 簡単に外れる

 Seagate ST980811AS SATA 80GB

 HDDの交換で注意するのは厚さ 9.5mmだ

 これ以上の厚さだとケースに入らないのである

 この製品のHDDには、リカバリーOSが入ってるので

 交換の場合は

 サポートセンターに問い合わせなければならない

 問い合わせなくても出来るかもしれないが・・・

 2つ目のカバーを開けると

 メモリが入っている

 512MBでVISTAは流石に辛いので

 1GBx2に交換する

 200pin/SO-DIMM/DDR2 667/PC5300

 メモリはバルク品で1GB 2000円前後で買える

 最近は2GBも、安いので魅力だが

 中途半端に 2.5GB 1.5GBとするより

 32bit OSでなら1GBx2を選ぶのが安全だと思う

 その方が、相性的にもいいかもしれない

 取り付けは簡単だ

 説明書にも書いてあるが

 まず、横のピンを外す

 すると、ピコッとメモリが上がる ←

 ので、簡単に交換できる

 2GB装着

 XPなら、これで十分だが

 VISTAだと、最低2GBとなる 重いぜ!

 

 CPU交換編

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR