2006年12月11日

 WiNDy ALTIUM X U38ATX

 30240円

 生産終了のALTIUM X U38ATXを購入

 ケースはWiNDy

 使用してみると、もう他のメーカーは買えません

 一番の魅力は、品質の良さである

 確かに、高いけど

 それを上回る満足度があるのが最大の特長です

 カスタムパーツも販売してるのも嬉しく

 インシュレターやサイドパネルも交換出来ます

 U38とは環境温度30℃下において

 CPU上空温度38℃以下とする

 コンプセントで名づけられました

 高さ431mm 幅186mm 奥行き479mm

 ATXでは、普通のサイズ

 丁度良いサイズです

 普通、アルミのケースと言えば

 ペラペラで安っぽい&剛性がないイメージがあるのですが

 シャーシーのアルミの肉厚は1mmあり

 しっかりした作りです

 パネルはペラペラで

 叩くと・・安っぽいけど・・まぁ〜

 そこまで、拘ることないか

 サイドに12cmFANを2基、取り付けれるのが魅力です

 CPUやM/Bの発熱

 最近のハイエンドビデオカードだと

 8cmFANでは、不十分だからです

 ただ、ケースに付いてるのは邪魔で

 サイドパネルに付ければ良いのにと思ったら

 次のバージョンでは、パネルに取り付けてありました

 脱着できるM/B台

 取り外しが面倒なのだが、あると便利な機構です

 ケースを横に倒して組まなくても良いのは便利

 幅が狭いケースなので

 頻繁にイジル人には、重宝すると思います

 WiNDyの特徴でもある

 凝った作り

 HDDは、頻繁に取り出すと考えたのか

 片方のパネルを外せば、取り付けできます

 記録ドライブなどは、両方のパネルを開ける必要があります

 最近は、アタブタで固定するケースも多いですが

 私は、しっかりネジで固定した方が好きです

 フロントの冷却FAN

 一番、埃がたまりやすい場所です

 機構的には、面倒で

 両サイドのパネルを開けないと脱着出来ません

 後面 8cmFANが2基搭載されてます

 今は12cmFANが主流ですが

 私は、こっちの方が好きです

 性能と静穏なら12cmFANなのですが

 デザインだと8cmなのです

 12cmFAN搭載すると、どうしてもケース幅が大きくなり

 デブっぽく見えるからです

 これは、個人的な自己満足なんですけどね

 後、ケーブル類なとを通す窓があるのは◎

 パネルを固定するネジ

 良く見ると、シリコンゴムがあります

 パネルの塗装を傷つけない為の工夫です

 脚の部分も、滑らないゴムを使用してます

 この気遣いは、素晴しいですね

 これだけのケース

 外国のメーカーには、たぶん、真似できないでしょう

 もし、興味があれば買ってください

 えっ・・・値段が高いですって???

 そう、普通に買えばね

 そう、このメーカーは決算期や特売日に

 投売りすることでも有名なんです

 数量限定ですが

 もし、安値で買える機会があればゲットしてください!

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR