2007年3月14日

 Abee AS Enclosure S1 31700円

 アビーのミドルケース購入

 アビーの製品のイメージは武骨なイメージがあります

 いい意味だと男っぽいかも

 WiNDyから独立したアビー

 最初は、潰れるんじゃないかと思っていましたが

 今現在も頑張って存続しています

 この会社で良い所は値下げしないこと

 WiNDyは決算期にならないと買う気がしません

 幾ら高いケースを買っても

 ああも値下げしてしまうと

 高い値段で買うのが馬鹿らしくなります

 サイドは12cmファンが装着できます

 ファンは付いていません

 残念なのはファンの固定ネジなどあると良かった

 高級ケースに安いネジのが見えるのもね・・

 サイズは自称マイクロサイズ

 40cmx20cmx37cm

 実際に

 いままでATXケースでマイクロサイズのケースを見たが

 Abee AS Enclosure S1ほど

 カッコイイデザインは見たことがない

 小さいかと言われると、そうでもないけど

 上手くまとめてる

 最大の特徴は・・欠点でもある

 PCIのスロットを2つ潰してること

 これならマイクロケースでも良いかと思うのだが・・・

 オーバークロックご用達のM/Bは全てATXサイズ

 マイクロケースサイズでオーバークロックを楽しみたい

 そんなケースだ

 高級の証にプレートなんぞ貼っている

 付属品

 説明書もあるから初心者にも安心(いらねぇ〜か??

 手回しネジはPCIスロット専用に細いのがある

 これは使いやすくていいですね

 他のメーカーも真似して欲しいと思います

 アルミのくせに重い

 1.8mmと分厚いアルミを使ってるから

 贅沢といえば贅沢

 まるで戦車

 内部も同じ

 電源は、最近のハイエンドの長い電源にも対応する

 ケースの長さで制限もあるが

 ブラケットで、ある程度カバーできる

 電源は逆さにしても取り付けできる

 私の場合は、特殊な電源なので

 このケースに普通に取り付けできず

 ファンを上にしている

 吸気は後ろからに

 普通に使うなら逆にしてください

 でも、逆さまでも使えるように

 天板に電源のエアーの吸い込み口があれば良いのにね

 裏は手抜きしてる

 付属品のゴム足を接着で取り付ける

 ただ、高いケースなのだから・・・

 ケチらずアルミにして欲しい

 アルミはオプションで購入すると2980円

 普通のケースと違い

 組むには順序が必要

 でないと・・・・組みなおしになる

 簡単にバラバラに

 M/Bの固定板

 この辺りは、面倒でもないのだが

 引き出しタイプで

 PCIスロット&電源も丸ごと取り出せれば・・

 便利&楽チンと思います

 見た目は窮屈そうなんですが

 幅が広いので意外と広いです

 この小さいケースに

 4つの12cmファンを搭載すると・・・

 冷えそうなのが解りますね

 イイデショ

 Abee AS Enclosure S1

 新しいタイプのケースも登場してるけど

 デザインはこれが好きです

 無理に小さくしているから

 電源やM/B・ビデオカードなど

 取り付けれる製品も選ぶことが必要で

 なんとなく面倒な所もある

 ただ、組んでみると

 コンパクト・デザインの良さ・冷却性

 満足できる所が大きいと思う

 高いケースは、買うのに迷うけど

 冒険してみるのも良いと思います

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR