2010年5月1日

 Lenovo G560 06792HJ 63500円で購入

 Lenovo 3000 N200 Notebook 0769CBJの後継機を

 探していた

 最低装備はHDMI出力があること、5万前後の価格

 Lenovo G560 06792HJは、装備&性能も文句無いですね

 ただ安い分、Microsoft Officeなどは付いていません

 その場合は、上位グレードを選択してください

 付属品は、バッテリーとACアダプターと説明書のみ

 以前購入した

 Lenovo 3000 N200 Notebook 0769CBJ よりも

 さらにコストダウンした感じがする

 説明書も機器の説明のみで、どちらかと言えば

 よく言えば玄人向けで、悪く言えば海外製らしいです

 黒に見えますが、模様が薄っすら入っています

 安い値段なのに、安っぽくないデザインはイイですね

 ただ、ピアノ調のクロピカなので指紋跡が気になります

 OS Windows 7 Home Premium(64bit)正規版

 CPU intel  Core i3-330M (2.13GHz)

 チップセット モバイル インテル HM55 Express

 メモリ 2GB(2GB x1) PC3-8500 DDR3 SDRAM 最大8GB

 ディスプレイ LEDバックライト付 HD液晶 15.6型

 (1,366×768ドット、1,677万色)、光沢あり

 VGA出力 2048x1536 画面出力色最大 1677万色

 VRAM容量(MB) 最大763MB メイン・メモリーと共有

 HDD容量(GB) 320GB(5400rpm) SATA

 光学ドライブ DVDスーパーマルチ・ドライブ

 使用可能なメモリカード SD/MMC/MS/MS-Pro/xD

 外形寸法 376.8 x 249.8 x 17.3-34.9

 質量(バッテリーを含む) 約2.6kg

 駆動時間 約3.8時間

 OSが64bitがポイントが高いですね

 ディスプレイ LEDバックライト付 HD液晶 15.6型

 (1,366×768ドット、1,677万色)、光沢あり

 で、前より大きくなったと思いますが・・・・

 Lenovo 3000 N200 Notebook 0769CBJ

 15.4V型TFT液晶 1280x800ドットと比べると

 縦方向は、小さくなっています

 視力が弱いと、見づらくなったと思うかもしれません

 光沢パネルなので、好き嫌いもあると思います

 妻は・・・わぁ〜綺麗になったと喜んでます

 左の装備は

 ExpressCard

 HDMI

 eSATA (USB2.0としても使える)

 USB2.0

 VGA出力

 LANポート

 排熱ダクト

 右の装備は

 USB

 光学ドライブ (デザインの関係で取り出し難い)

 マイクとヘッドホン端子

 高級感ありますね

 値段の割りに、高級感あり

 テンキー内蔵キーボード搭載はデスクトップに

 なれた人には重宝します

 キータッチは、好みなので参考になりませんが

 悪くないです

 個人的には、キータッチより耐久性ですね

 左端にはマイクがある

 手を載せる部分は、アルミ板でヘアライン加工してあり

 これが、高級感を出しています

 ヒンヤリしてるので夏はいいけど

 寒いと冷たいです

 トラックボール派なので

 タッチパッドは、私には使い難いです

 付属のソフトで、色々調整できます

 スピーカーは前面にあり

 音は良い感じがしますが、期待できないでしょう

 白いスピーカーのマークがありますが

 タッチで音量が調整できます

 電源ボタンは、メタリックで高級感あり

 ↑はレノボ専用のバックアップシステム

 工場出荷前に戻すこともできる

 電池マークは、レノボ専用の消費電力を管理して

 バッテリーの寿命を延長することができる

 30万画素のwebカメラ

 性能が物足りないと思う人も多いけど

 30万画素で十分だと思う

 世界中が光回線なら別だけどね

 webカメラの付属のソフトが面白い

 ブタさんだけど

 顔の動きに合わせて、眼や口が動くのだ

 首も左右動かすことができる

 Win7から、XPにダウングレードしたい人もいると思う

 ←中国語版だけど・・・これも問題なくできる

 XP化の場合に、注意する点がある

 BIOSの変更だ

 STAT Controller Mode AHCIをCompatibleに設定する

 でないとブルー画面となる

 これは、XPが対応してないためだ

 ドライバはここで探すとイイ←リンク切れの時はメンゴ

 次は、内部公開&説明編へ