2010年8月19日

 NZXT VULCAN 9150円

 マイクロATXのケース購入

 7月に登場したNZXTデザインの

 ゲーマー向けケースである

 (一部 AMOブランドして販売してるところもある)

 NZXTのケースは、個性派揃い

 つや消しブラックのケースは意外にカッコイイです

 ただ、このメーカーの品質は問題で作りは悪いです

 左サイドパネルの硬いこと・・外れません

 このケースで面白いのが、ケース上部に取り付ける

 ハンドルである

 便利そうかもしれない・・・・そうなのか・・・・

 ただ、取り付けは本人の意思による

 このケースの拘りは、黒である

 M/Bに取り付ける部品以外、黒!

 デザインに拘るNZXT

 右サイドパネルも手抜きしていません

 つや消しの黒の塗装ですが

 ざらついてる塗装のため、皮脂が付く事はありません

 465×205×440mm 大きく見えますが

 やはりATXと比べると一回り小さいですね

 左サイドパネルは、埃が心配なメッシュです

 個人的には、クリアパネルが良かったですけど

 オプションですが

 左サイドドア 200mmファン搭載可能です

 デザイン的に、膨らんだ形状はカッコイイです

 上部には、12cmファンを2つ搭載できます

 購入時は1つしかありませんので注意してください

 この部分なのですが

 水冷ラジエターをポン付けすることができます

 スイッチは金属で、高級感あり

 ヘッドホン マイク USB2つ eSATAが並ぶ

 ファンコンは2つ搭載している

 1つで2つのファンを制御できる

 合計で4つのファンをコントロールできることになる

 ボリュームを最小にしても、ファンは停止することはない

 裏

 排気はファンは9cmと8cmファンが搭載可能だ

 水冷用の穴もある

 大きさ的に、13mm 3/8インチチューブまでだろう

 下のボタンは、前面のLEDのオン・オフボタン

 オンにするとオレンジに光る

 PCIパネルはメッシュ

 底面

 電源用の吸気口がある

 メッシュ部分は取り外し可能で掃除ができる

 足は、プラッチックで真ん中にゴムがある

 フロントパネルを開くために、穴が空けられているが

 ここから、埃が進入するのは間違いないだろう

 フロントパネルは簡単に開けられます

 スイッチの配線があるので、取り外すことは出来ません

 サイドが、穴だらけなので意味がないと思いますけど

 ベイには、フィルターが取り付けられてます

 取り外しは出来そうにもありません

 汚れたら、掃除が大変そうです

 内部

 構造は、マイクロATXとしては一般的

 5インチベイ 2つ

 3.5インチベイ 2つ

 下に.3.5インチHDDを2つ搭載出来るベイがあります

 大型ビデオカードを搭載出来るのも売りなんだけど

 PCIスロットの1番は、干渉するかもしれない

 最低で24cm 最大で34cmのカードを搭載出来る

 M/Bを選ぶケースだ

 下のHDD専用ベイは取り外すことができる

 こんな感じ

 水冷には良さげ

 市販のラジエター取り付けできそうなんだけどね

 内部裏面

 最のケースの特徴はメンテナンスホールでしょう

 大型のCPUクーラーを脱着するには必要です

 ただ、これほど大きいメンテナンスホールだが

 M/Bにより、CPUクーラー交換出来ない場合もある

 この写真をみると、ケーブル類も綺麗に配線できると感じる

 けど

 その前に、ケーブルの色を見ろ! 黒だ

 べつに・・・普通ジャンと思うかもしれないが

 黒は、珍しい

 ケースと同色化できるのは、どんなに嬉しいことだろう

 後・・・・・

 ケーブル類は綺麗に纏めれそうだけど

 仕様にもよるが、意外と無理っぽい

 とりあえず仮組み

 ドンピシャのラジエターの取り付け

 ただ・・・ファンがデカイのが、お洒落じゃないかな

 ファンは、内蔵にしたほうがいいかも

 出来れば、ラジエターも内蔵にしたい

 メッシュは、それなりに格好はイイ

 のちのち、クリアパネル化はしたいと思う

 後ろから、カッコイイでしょ  (自己満足)

 問題の内部

 ATXの水冷システムを、そのままブチ込んだので

 ぐちゃぐちゃ

 その後は、スッキリ纏まりました

 ビデオカドが無いのが、寂しい

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR