2011年6月20日

 ASUS K53U-SXE350S 34800円

 オフィースが付いて、特売してた

 AMD デュアルコア・プロセッサ E-350のFusion APUノート

 低価格のAMDノートは興味があったので

 衝動買いしてしまった

 異様に安くないですか?

 実は、広告の間違いで

 本当は、オフィースなしで34800円だったんです!

 でも、お店は・・凄いですね

 オフィース付きで、販売してくれました

 付属品は、バッテリーと電源ケーブル

 日本語の説明書です

 内蔵のソフトは、期限付きの物なので

 無いと思ったほうがイイです

 詳しいスペックは、ASUSのホームページを参考に

 ASUSのノートは、初めてである

 M/Bメーカーらしいのは、ドライバである

 小まめに更新されている

 最初起動すると、リカバリディスクを作りますか?と表示される

 容量はDVD2枚と少ないので

 時間は掛かるが、面倒でも作った方がイイと思う

 リカバリを作らずがHDD逝った場合にはOSは

 メーカーから購入できるので安心してほしい

 TFTカラー液晶LEDバックライト [1366×768 WXGA]

 は、光沢あり品 綺麗だし見やすい

 Webカメラは、30万画素とチットでは十分

 カメラの隣に、マイクがあるのも対話するには機能的だ

 安い値段の為、コストカットしてる部分もあるが

 ボディーの表面は悪くない

 指紋が付くので嫌いなコーテングだが

 高級感はある

 表面は黒と思うが黒に近い茶形

 よく見ると、模様が入っている

 開けてみると

 やはり、コストの影響か

 余分なボタンは無いが

 それが、逆にスッキリしてイイです

  タッチパッドの感触は悪くないけど

 クリックするボタンは、作りが悪く

 いかにも、安物感があります

 ガチガチ音が出ます

 スムーズさが欲しい所ですね

 安っぽさにも工夫してる面もある

 全体に樹脂素材だか

 金属感をだそうと、ヘアライン加工風

 にしてるのは◎です

 パームレストは、さらさら感があり、悪くない

 キーボードの中央はペコペコしている

 強度面での不安があります

 Altec Lansing製のステレオスピーカーを搭載している

 これは、価格面から考えると悪くないです

 音量も大きいですね

 インターフェイスは一般的

 マイク入力×1

 ヘッドホン出力×1

 D-Sub 15ピン×1

 USB 2.0×3

 HDMI出力×1

 マイク イヤホン端子が色分けしてないのは

 コスト面かデザイン面を考えてかな?

 裏

 ガバット開けてみる

 メモリとHDDが見えます

 CPU部分も開けれるとファンの掃除が出来るんですが

 残念ですね

 安いけど

 蓋にも、放熱シートを貼ってる所は◎

 メモリは、 SO-DIMM DDR3-1066

 標準での搭載は、1スロットに2 GB

 空きスロットは1つ

 最大搭載可能容量は8 GB

 最近は、メモリも安いので

 最低プラス2GBで4GB

 思い切って8GBまで増やすのも良いともう

 

 他の機種だが、メモリ交換の仕方 メモリ交換編

 DDR3-1333 2GBをプラスしてるが問題無し

 HDDは

 WESTERN DIGITAL WD3200BEVT

 容量:320GB 回転数:5400rpm キャッシュ8MB

 

 2014年5月30日

 SSDに交換

 SSDに交換すると、起動のスピードが早くなる

 OSのレスポンスも速いので快適になる

 光学ドライブも、交換できる

 メモリ横のネジを外す

 そして、マイナスドライバで

 金具を押し出す

 すると、べろ〜んと取り出せます

 DVDスーパーマルチドライブ

 HITACHI-LG-GT34N

 性能を調べてみよう

 CPUとRadeon GPUを1つのダイに統合するFusion APU

 E-350の消費電力は

 常用時では、18W

 低そうに思えるが

 Lenovo G560 06792HJ Core i3-330Mと同じである

 

 このノートで、最大の強みは

 内蔵Radeon HD 6310でDirectX 11に対応してること

 3DMARK06だと

 消費電力は、最大時で28W程度

 OCCTで、CPU温度を30分計測してみる

 6月21日 11時 室温 27度

 負荷を掛けた時の温度は、意外と高いです

 ただ、ファンは低速なのか差ほど五月蝿くは無く

 静音を意識した、仕様になってると思う

 ただ、低回転の音は耳障りに感じる

 これは、個人的な意見です

 ファンは意外に安物かも

    P M G G H
 AMD E-350 3.8 3.8 5.5 4.2 5.7 5.9

 Core i3-330M

3.9 6.2 5.5 3.9 4.9 5.3

 Celeron 540

2.4 4.1 2.9 2.4 3.0 4.8

 C2D T7500

3.4 5.1 4.8 3.4 3.5 4.8

 今まで購入したCPUでパフォーマンスを比べてみる

 数値は、悪くは無いけど・・・

 

 AMD E-350

49.858s

 Core i3-330M

21.481s

 Celeron 540

34.975s

 C2D T7500

22.437s

 PI Mod 1Mも比較してみる・・・遅いな

 AMD E-350

2094

 Core i3-330M

6152

 CINE BENCH R10

 CPUエンコード

 マルチプロセッサーのCPU BENCHのみ

  これも、遅い

 AMD E-350

0.59

 CINE BENCH R11.5

 AMD E-350

2273

 Core i3-330M

1490

 詳しい詳細はこちら

 3DMARK06は、正直驚きました

 意外と動きます

 ASUS K53U-SXE350Sの方向性は

 ネット楽しんだり、軽いネットゲームを楽しむには最適だと思う

 エンコード処理などのCPUパワーを使う場合は

 intelのCPUを選んだ方が良さそうです

 実際に使ってみて、思うのは静かなこと

 普段使うにはこれが、一番だと思います

 Core i3-330Mのノートは夏場は騒がしく感じます

 ASUSのノートは、自作PCユーザーなら

 ドライバの更新が楽で、使いやすいです

 もしもの時の、サブとして使うのもありですね

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング