2014年 11月1日

  HG21S HKS EVC-S取り付け その2

 ブーストセンサーはスロットルボデーの上に設置

 ブースト圧のホースを取り付けます

 HG21Sの場合 ブースト圧を取る場所は

 キャニスタパージホースを利用する人が多いです

 簡単で、取り付けが楽な場所です

 ジョイント 6φ-4φ-6φ T型タイプ 参考・楽天 550円

 みんともさんのボチさんは

 ブレーキブースターホースを利用しています

 汚れが少ないとのことです

 難点は、ホースの取り外しが固いらしいです

 矢印の方から、外してください

 ジョイント 10φ-4φ-10φ T型タイプ (たぶん

 ボチさんの加工してた物を、そのまま取り付け

 このホースですが、内部に弁が入っています

 良い場所なんですが

 矢印の所は、切らないでください

 室内に通す配線

 SRタイプのアクセルワイヤーが無い車種は

 アクセルワイヤー用の穴から、通してるようです

 

 アクセルワイヤーの車種は

 インテークマニホールド裏の、ゴムキャップから通します

 エアクリーナーを外さないと

 作業は、難儀します

 カッターで、穴を開けます

 エーモン 1160 配線ガイド amazon  を使います

 

 ここで、ためらう人は

 フェンダーから通すしかありません

 ニードルフェルトが、邪魔してる感じですが

 奥は、穴が開いてますので

 手さぐりで、配線ガイドを探して

 引っ張り出します

 ヒューズBOX下に、アースの端子があるので

 接続して

 仮設置

  コントロールユニットも仮設置

 取り付けて、思ったのは

 全体的に、取り付けの自由度が無いのが残念ですね

 

 設定編へ続く

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング

PR