2014年 11月23日

 シエクル マップコントローラー ハーネスセット 13430円

 シエクルMAP CONTROLLERは

 車両のセッティングのずれを的確に補正し

 よりベストな走行をめざす為に開発された

 リセッティングコントローラーです

 現在は、生産停止となり (追記)

 後継機種 MINICON PROにモデルチェンジしました

 ので注意してください

 購入のきっかけは

 雑誌でK6Aの特集を読んでから

 HOT-K VOL.19 amazon

 車種はラパンSSですが、e-manageを使った燃調で

 7000rpmの時に-5% セッティングで5馬力ほどUPするそう

 プロの調整で、ブースト0.9kの場合76馬力にup

 Mターボの場合は、そこまで不可能ですが

 面白そうですよね

 e-manageは、高いのでパス

 複雑な、調整は出来ませんが

 安くて手軽な、マップコントローラーを選びました

 注意するのは、車の仕様を選びます

 シエクル マップコントローラーとミニコンの比較

 ノーマル車輛に取り付ける場合は、ミニコンです

 仕様に合った製品を選びましょう

 説明書と延長ハーネス

 保障外ですが、エンジンルームで取り付けれるように

 簡易カバーとブラケットが付属しています

 青の線は

 ループ線調整

 接続したままだと、高負荷時にノーマル値になります

 カットすると、高負荷時にノーマル値に戻りません

 燃調の幅は、-5〜+5まで 10段階調整

 素人がミスをしても、ダメージが少ない範囲だと思います

 燃調 -5・-4・-3は、エンジンを壊す危険もあるので

 要注意だそうです

 この辺りだと、ハイオクでテストする必要性ありですね

 レギュラーだと、-2が無難かも

 後は、情報と人柱となるしかあません

 接続ハーネス

 3型なので、DCM-P07

 車種が同じでも、変わる場合があるので

 適合を確かめることは必要です

 説明書とハーネス

 ん・・・!と思ったのは

 ハーネスの耐久性は2年??

 それ以上は、保証しないらしい

 基本的に、チューニングは自己責任が前提なので

 どのメーカーも同じですね

 取り付けして、万が一エンジン不調の場合

 ノーマル復帰カプラーを差し込めば

 完全に、ノーマル状態となる

 取り付けは、簡単

 圧力センサーに取り付けるだけ

 スズキだとプレッシャセンサに取り付ける

 こんな感じに

 室内に配線する場合

 インテークマニホールド裏の、ゴムキャップから通します

 カッターで、穴を開けます

 ニードルフェルトが、邪魔してる感じですが

 奥は、穴が開いてますので

 手さぐりで、配線ガイドを探して

 引っ張り出します

 取り付けたら、動作確認

  IGキーON LED点灯

 (説明書 消灯 圧力センサー仕様 点灯

 アイドリング LED消灯

 (説明書 消灯

 アクセルを踏む LED点灯

 (説明書 圧力センサー仕様でも点灯しない場合あり

 

 走行中でも変更は可能

 LED点灯時(アクセルON)に、機能が働く

 2015年8月11日

 グローブBOXに移設

 2015年7月4日 プラグ交換 ( 整備編 )

 マップコントローラーを使用して、半年経過したプラグ

 焼けも、問題ないですね

最高燃費

ガソリンは、エンジンを冷やす役目もあります

燃調を薄くするとエンジンの温度が高くなり、ブローする危険性があります

リミッターを解除する場合は、気を付けてください

 

DIターボのブーストupは、85kpaまでレギュラーでの走行 確認

それ以上のブーストUPはハイオクを使用してください (ブローの確率が高くなる

また、ガンガン エンジンを廻す人は、ハイオクを使用しましょう

 

 レギュラー

 -2がベスト 最高燃費は、16.99Km/L

 

 ハイオク

  -4がベスト 最高燃費は、18.01Km/L

 馬力は、計測してないので分かりませんが

 燃費は確実に伸びたので良しとします

 

 最新の燃費はみんからを参考にしてください こちら

 

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング