2020年 1月12日

 GLONASS USB VK-172 GPSレシーバー 1088円

 amazonでの評価と価格

 本来はWindows用なのだが

 アンドロイドでも使えるようで

 純正のGPSの精度が悪いため購入してみた

 DGPS[WAAS、EGNOSとMSAS]をサポート

 コールドスタート時間:29S

 米国のGPS+日本のみちびきは同時に受信可能

 と性能を考えるとコスパは高いです

 表にはGPSのセンサーが付いています

 左上には、LEDチップ

 起動すると点滅します

 裏には、充電用のバッテリーが付いています

 ホットスタート1秒

 バッテリーの持ち時間は、正確には分からないが

 1時間は、あります

  GPSのチップはBloX社の

 G7020-KT

 調べてみるとみちびきには対応してるようです

 使用した 車載アンドロイドは

 XTRONS TE706PL です (参考編

 このGPSは、PC用です

 アンドロイドでは、現在は未サポート

 対応するアプリは、GNSS Commander

 このアプリは、ストアには現在はありません

 数少ないUSB GPSを動かすアプリです

 ダウンロードしてイントールします こちら

 後は、ググって調べてください

 開くと30日までは制限機能無しで動かせる感じです

 ただ、サポートは切れてるので

 どうなんだろうと思いながら

 Noのベーシックを選択しました

 車載アンドロイドにGPSレシーバーを取り付けます

 USBに繋げると

 自動的にデバイスの変更をしてくれます

 これは、便利です

 最初は心配なので確認した方が良いでしょう

 開発者向けオプションに行き

 仮の現在地情報アプりの選択を確かめます

 GNSS Commamderに変更されてればOKです

 GNSS Commamderを開きます

 最初は数値が並んでるので

 動いてると勘違いしますが

 デモ画面です

 動いてないと、こんな感じになります

 右の歯車っぽいのをタッチします

 GPS inputでUSB deviceを選択します

 U-Bloxを選択します

 Genericも使えました

 後は動きませんでした

 他のアプリと連動するために

 Set GPS mock locationにチェックを入れます

 衛星をとらえると動き出します

 こんな感じに表示されればOKです

 衛星の補則の速度は5分程度

 車載アンドロイドと変わらない感じですね

 でも遅い時は遅い

 米国のGPS+日本のみちびきと

 ロシアのGLONASSは同時受信できないようです

 みちびきを期待してるのですが

 今の所、ロシアの衛星しか確認していません

 アプリ内で変更できるのか調べましたが

 わかりませんでした

 アプリにはナビソフトは付属しないが

 自車の位置はグーグルマップで教えてくれます

 USB GPSは

 グローブボックスの中に入れてるのですが

 受信は問題ないですね

 精度は良いと思います

 残念なことは

 みんカラのハイドラには対応していません

 ドライバの更新は無いので

 何時まで使えるか分かりませんが

 いまの所、満足しています

 車載アンドロイドのナビの精度は悪いのか

 と思いますが

 amazonでのレビューではGPSの精度の酷評は

 私が見た感じではありません

 私の車載アンドロイドがハズレの可能性があります

 もし車載アンドロイドを購入して

 GPSの精度に不満を持った時に

 試しに購入しても良い製品だと思いました

 でも、自己責任ですよ

 責任は負いません ww

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング