2024年6月15日

 MSI A520M-A PRO 6646円

 Amazonでの評価と価格

 

 Win11の無料インストール期間も迫ってるので

 中身を新品に交換することにしました

 12年の月日は、自作PC熱も冷め

 ビデオカード1枚 SSD2枚しか使わない

 オーバークロックはしない

 周辺機器は、プリンターだけ

 よって、安いのを選びました

 

 MSIの製品紹介はこちら

 付属品

 ラッチ付のSATAケーブル2本

 L字タイプとストレートタイプ

 昔のように説明書は付かなく

 ダウンロードして見てくれとなっている

 Micro ATX チップセットはA520

 必要最小限の構成だが

 個人的には問題ない

 ソケットがAM4と枯れたM/Bだ

 最新のCPUに興味があり

 これからCPUも入れ替えしたいと考えるなら

 ソケットAM5のM/Bを選んだ方が良い

 

 但し、そう考えると値段が徐々に高くなり

 予算を軽く超えるので、割切が必要である

 

 私の場合は、数年間は仕様は替えないつもり

 I/Oポート

 アナログが使えるのは、ローエンド向けの象徴ですね

 HDMIは、4K対応 4096x2160

 注意するのは、オンボードでのグラフィック機能は無く

 CPUにグラフィック機能が無いと動きません

 

 USB3.2が4つ USB2.0が2つ

 最近は、ソケットにカバーが無いようである

 良く見ると、埃が穴に入っていました

 息を吹くと、取れましたが

 取れないと、厄介である

 電源周り OCに特化した装備はない

 4電源フェーズ設計

 オーバークロック用と比べると寂しいが

 普段使いなら問題ない

 メモリスロットは2つ

 最大容量: 64GBまで

 多分1スロット、32GBだと思います

 

 メモリクロックはOC用も使えるが

 壊れやすいし、相性も厳しい

 普通に使うなら、OC用は無駄である

 M/Bの補助電源 4ピン (写真は使いまわし)

 このM/Bは、上に付いている

 差し込みを間違えないように凹凸があるが

 間違えても入る事があるので

 取り付ける時は注意してください

 CPUの取り付け

 極性があるので注意してください

 自作PCで付き物のトラブル

 相性問題

 今まで使用してたSATAケーブルだと

 SSDのデーター転送が出来ず

 M/Bに付属のSATAケーブルは問題無しでした

 HDDラックとの相性が悪い気がします

 

 使用しているラック

 CMRK-S2OD 3990

 後は、ドライバを入れて終了です

 BIOS画面 メーカーのマニュアル

 

 取り敢えず動いたら確認するところ

 緑色矢印 適切なクロックで動いてるか

 青色矢印 更新されたBIOSのバージョン

 

 BIOSは、不具合が無ければ更新しなくても良いです

 更新する時は

 不具合の修正や、新しいCPUに交換する時ですね

 

 不具合が無ければ、弄る事はしません

 

 安いM/BなのでOC設定が有っても

 弄らない方が良いです

 

 私の場合は、起動するSSDが認識しづらいようで

 起動に時間が掛かりますので、設定します

 

 赤矢印をクリックします

 SETTINGSをクリックします

 ブートをクリックします

 デフォルト設定だと

 ブート機器を認識しないと、次に移行します

 自分のSSDを認識してないのは

 確認のスピードが、速いんだろうな

 13項目をループしている状態なので

 起動は長いです

 で

 起動するSSDだけにして

 後は、無効にします

 SSDが認識出来なくても1だけなので

 今までより起動時間は、早くなります

 SETTINGSをクリックします

 保存して終了をクリックします

 変更を保存して再起動をクリックします

 はいをクリックします

 これでOSが早く立ち上がればOKです

 

 今の所、不具合は無いので

 不具合や気づいた事があれば追記します

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング