2007年1月3日

 Biostar TForce P965PT

 10680円

 BiostarのM/Bを久々に購入

 Biostarを買う人は、たぶん

 どれだけでも安く作りたい時に購入を検討すると思います

 今回購入したの目的は

 TForce=オーバークロック向けのM/Bに

 興味があったからです

 詳細はメーカーのHPで確認して欲しい

 説明書とドライバCD

 ソフトケースに入ってるのが珍しいですね(イラネぇ〜

 説明書のBIOSの写真は

 他のM/BのBIOS写真を利用しています

 これは、困ったことで

 購入前に、画像で確認して買ったので

 メモリ電圧が2.8Vまで上げれると思ってたら

 2.2Vが限界と知りました(かなりショックでした

 ちょっといい加減ですね

 勘違いする人もいるので気をつけて下さい

 付属品は最低限

 平均13000円前後で販売してるのですが

 これは、寂しすぎる・・・・

 本当は、TForce P965 Deluxeが欲しかったんですが

 豪華装備ならTForce P965 Deluxeを購入してください

 OST(台湾)のコンデンサが主流のM/Bです

 ちょっと気になるのは

 PCI-Eのビデオカードを固定するブラケット

 小さすぎて外しにくいです

 標準的な電源回路は3フェーズ

 アルミコンは日本製です

 ノースウッドのヒートシンクは大きめ

 CPUクーラーの風を利用して冷やします

 風が当たらないと、かなり熱くなります

 熱くなり過ぎると壊れるので注意してください

 メモリ電圧2.2V設定ジャンパ

 ハイエンドメモリの時には2.2Vでいいと思います

 点検用のスイッチがあるのは便利ですね

 右の方にLEDがあり

 トラブルがあると点滅します

 I/Oパネル

 USBが6ポートあるのは重宝しますが

 COMポートは必要ないと思う

 BIOS

 Memtest86がある

 使い方はこちら

 自動でオーバークロックしてくれる項目

 3段階あります

 V6は10%〜15%

 V8は15%〜25%

 V12は25%〜30%

 ただ、耐性で自動的にオーバークロックするので

 V12に選んでも25%〜のオーバークロックにはならない

 あまり意味のない項目でもある

 

 

 

 

 

 FSB420で壊れた

 

 

 BiostarのM/Bは

 安い割りにマニアックな機能が付いている場合が多い

 このM/Bも、11000円クラスで考えると

 楽しい機能が付いて楽しいと思う

 今回はオーバークロック向けで購入したので

 厳しい評価となる

 悪い点は、メモリ電圧が2.2Vまでということ

 OS上でのソフトウエアでのオーバークロックは

 1MHz刻み意外できなくて・・・・

 上げるのに、苦労する・・・使えねぇ〜

 最終はFSB420まで上げたら起動不能となる

 外国製コンデンサや装備品のしょぼさ

 平均13000円前後の価格を考えるとオススメしないかな

 安くても上位機種をカモルくらいの楽しさが欲しかったです

 

 ASUSTeK COMMANDO Intel P965 Review

 最後までレビューを読んでくださり、ありがとうございました

  

 PR