2022年8月5日

 駆動電池について

 後席の下にはバッテリーパックがあり

 バッテリーフレームが4本追加され剛性が向上している

 悪くなった点は、ガソリン仕様と比べると

 後席の足元が45o高くなっている

 ただし、後席は広いので苦にならないと感じる

 前後重量配分は、55対45

 後席に人が乗ると、50対50らしいです

 家庭用200Vでの給電は4時間

 チャデモでの無料給電は30分

 80%まで給電できるようだ

 48kmほどは、無料で走れる

 無料は嬉しいが、駆動電池の劣化は早いらしい

 気になる電気代だが

 石油の価格で、大きく変わる事となった

 2022年7月の電気代 私の地域

 深夜電力は安いが、今後は廃止される予定

 駆動電池で、60.2qの距離を走った場合

 ハイブリッドとしての燃費 1L 18qで考える

 ガソリン 3.34L×160=535.1円 1L160円

 デイタイム 12×38.71=464.52円 1L 139.1円

 ホームタイム 12×28.52=342.2円 1L 102.5円

 ナイトタイム 12×16.30=195.6円 1L 58.6円

 電気代を考えて充電しないと、ガソリンと変わらない

 我が家の一ヵ月の消費電力

 暖房を使わないと平均500kWh

 もしアウトランダーPHEVが20日給電すると

 12kWh×20=240kWh・・・(;^_^A

 本格的なEVが普及すると怖いな

 これだと、国内の電気が足りなくなるわけだ

 (間違ってる場合があります 信頼性無し)

 バッテリの容量保障があるのは、ありがたい特権である

 新車登録した日から8年以内 距離は16万キロ以内

 バッテリー容量を70%割った場合である

 バッテリー保障 GNOW移行66%以下交換に変更

 新型のGNOWは、66%以下と改悪されてることから

 バッテリーの進化は、それほど進んでいないと感じる

 バッテリーの劣化が気になる人は

 保障のある内に購入した方が良い

 中古で、チャデモが付いていない場合は

 劣化は少ない可能性はある

 走行距離で考えると

 100% 12kWh 60km ・70% 8.4kWh 42kmとなる

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング