2022年 9月24日

 駆動電池の交換がされてる中古車の探し方

 三菱 アウトランダーPHEVは

 バッテリの容量保障があるので、ありがたい特権である

 新車登録した日から8年以内 距離は16万キロ以内

 バッテリー容量を70%割った場合である

 中古で購入する場合

 一番良いのは、保障内の中古を探すことです

 劣化していれば、中古でも交換してもらえます

 保障外だと、運かもしれませんが

 確率が高い探し方を考察しました

 メンテナンスノートが無い 満充電出来ない

 測定器が無い

 これらが使えない場合

 急速充電・チャデモが付いてないか確認する

 付いてないと

 バッテリーの劣化は少ない可能性がある

 交換しているかは、分かりません

 メンテナンスノート

 三菱は、定期検査契約をすると

 無料でバッテリー診断できるようである

 なので、定期点検の記録簿があると

 交換されてる確率は高い

 私が購入したのは

 新車登録時から1年点検・車検の記録あり

 バッテリー診断の記録はありましたが

 バッテリー交換の記録はありませんでした

 販売してるお店では難しいかもしれない

 充電を満タンにした場合の表示

 50km以上は欲しい

 劣化してると30q代である

 自分のは、69q

 バッテリー交換されている可能性ありか

 バッテリーの状態は、かなり良い

 ハイブリッド・モニター 6200円を使う

 専用品 GG2W 2Lと2.4L版があります

 GG3W 2.4L

 駆動電池の容量 正式では無いが

 ディーラーでの測定数値に近いと言われてる

 

 ディーラーでの容量測定は2日間必要

 費用は、2022年で5500円 代車 有料

 84%と表示されている 良い数値です

 ハイブリッド・モニター Review

 安くて数値を知りたいなら

 PHEV Watchdog OBD2を使う

 OBDUBluetooth ELM327を

 購入しなければならないが

 アマゾンなら千円台で買える

 ハイブリッド・モニターと同じ84%と表示

 駆動用バッテリー交換されたか分かりませんが

 数値は良いので満足です

 定期診断・リフレッシュした日は

 記録されてる感じです

 モニタリングアプリ Review

 補機バッテリーを交換後

 ディーラーで

 駆動用バッテリーの診断・リフレッシュしてない場合

 情報は信頼性無し

 

 補機バッテリーを交換すると

 駆動用バッテリー容量が100%になるらしく

 1年で、元の容量表示になるらしいです

 

 ディーラー以外・個人で交換されてる場合もあるので

 注意してください

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング