2024年 7月14日

 

 2024年アウトランダーPHEV10年経過

 

 駆動用バッテリー編

 

 2022年修復車中度8年落ち走行距離8.6万を購入

 10年経過、走行距離11万オーバーの

 私の愛車です

 10年経過すると、中古車でも格安車扱い

 気になる人も多いと思います

 

 8年目以降で走行距離8万以上の中古車の場合

 HVだと、駆動用バッテリー交換も考えないと

 駄目な時が来ると思います

 なので

 私は、駆動用バッテリー容量が大きい

 PHEVを選びました

 

 過去Review

 劣化確率の低い駆動用電池の中古車の探し方

 Review movie

 中古のPHEVの購入を考えてる人もいると思うので

  間違ってる場合もあると思いますが

 2年間所有して思ったことを記載します

 購入編

 

 中古での価格の注意です

 

 2023年10月から

 中古販売は支払総額表示が義務付けられました

 前まで総額は

 問い合わせしないと分かりませんでしたが

 調べなくても良くなり楽になりました

 

 但し、私の場合ですが

 他県手数料 3.85万 車両保障1年 2.2万

 ETC登録手数料 0.55万

 他に負担となる部分もあるので

 詳しく知りたいなら、問い合わせは必要です

 グーのメールの問い合わせが早くて便利でした

 要チェックする項目です

 

 記録簿あり

 何故かと言われると

 三菱で点検を受けている可能性が高く

 三菱の規定によりパーツ交換していれば

 整備に信頼性がありますし

 今後の消耗品の交換の負担も減るからです

 

 保障は出来たら1年以上、走行無制限は欲しい所です

 購入後の不具合対策です

 保障期間・走行距離が短い場合は

 ショップは、その車の品質に自信が無いと思います

 

 何処でも直せる

 故障したら地元の整備工場で直せるかもポイントです

 購入した所でしか直せない場合もあります

 記録簿で大事な年は7年目の車検です

 

 三菱は、7年目の車検で走行距離にもよりますが

 ブレーキのオーバーホール

 ブレーキホースの交換 フロントブーツの交換

 補機バッテリーの交換を奨励する感じです

 

 メーカーの指示通りに交換していればラッキーです

 純正の補機バッテリーだけでも6万はしますからね

 

 購入前に調べたい所です

 7年目の点検で重要なのが

 駆動用バッテリー補正実地記録である

 

 GG2Wは、バッテリーの容量保障があります

 新車登録した日から8年以内 距離は16万キロ以内

 バッテリー容量を70%割った場合

 新品のバッテリーに交換します

 

 バッテリー保障については、こちら

 

 みんカラ調べ 無償バッテリー交換距離数

 7年目 距離91191km 容量66%

 7年目 距離85991km 容量69.8%

 7年目 距離71622km 容量67.75%

 5年目 距離100000km 容量68%

 6年目 距離67400km 容量69.5%

 6年目 距離111538km 容量67%

 

 保障外のバッテリー交換の費用ですが

 2022年調べだとバッテリーの値段80万 工賃別です

 記録簿がない場合

 駆動用バッテリーを交換したかを確認する方法

 

 一番分かりやすいのが

 助手席下を覗いてみるとバッテリーに貼られてる

 製造日です 赤色矢印 2014年5月です

 

 車検証の初年度登録の日にちと合ってたら

 バッテリー交換していません

 2016型から、駆動用バッテリーに

 四角い長方形のダンパーが取り付けられています

 こんな感じです

 2013型・2014型・2015型に取り付けてあれば

 交換してる可能性はあります

 駆動用バッテリーの交換をしていても

 外れの場合は、劣化している場合があります

 

 確認方法ですがヤフオクで売られてる

 ハイブリッド・モニターを使う方法です

 赤矢印が駆動電池の容量です

 正式な数値ではありませんが

 ディーラーでの測定数値に近いと言われています

 

 ハイブリッド・モニター リンク貼っときます

 Review

 OBDUBluetooth ELM327を使う

 アマゾンなら千円台で買える製品です

 スマホアプリは、PHEV Watchdog OBD2を使う

 注意 車種によっては、対応していません

 

 モニタリングアプリ リンク貼っときます

 Review

 

 測定器を使っての注意

 ディーラー以外で補機バッテリー交換されてる場合

 駆動用バッテリー容量が100%になるらしく

 1年で、元の容量表示になるらしいので

 数値は、信頼できません

 

 ディーラーで交換してる場合

 リフレッシュしてるので問題ないと思います

 

 Watchdogの情報だと

 71194km 82.8% たぶん7年目の車検

 リフレッシュ作業を受けて

 84%になってると思います

 私の駆動用バッテリーの劣化経過です

 

 三菱でリフレッシュ(セルバランス)作業はしていません

 2022年9月19日 最初の測定84 87920km

 2022年9月23日 84から83にダウン

 9年目

 2023年5月21日 83から82にダウン

 2023年8月31日 82から81にダウン

 10年目

 2024年2月13日 81から80にダウン 109883km

 

 みんカラ情報だとバッテリーを交換しても

 劣化スピードが早い場合もあり

 仕様環境、バッテリーの個体差の影響があると思います

 

 私のGG2Wは、バッテリーの交換をしていませんが

 10年経過 10万キロオーバーを考えると

 劣化具合は悪くないので

 バッテリーは、当たりなのかもしれません

 EVモードで走れる距離ですが

 寒いと距離は短いです 坂道だと距離は短いです

 エアコン・暖房を動かすと距離は短くなります

 外気温 地形でかなり変わるので参考程度です

 

 駆動用バッテリー容量 80%

 充電容量 90%で夏36q 冬は25qほどです

 通勤は往復36q 毎日充電をしています

 燃費です

 

 電気代÷ガソリン1Lの料金=燃費

 で計算しています

 電気で走るほど燃費は良いです

 

 8年目

 2022年の最高燃費 19.83Km/L 10月 

 2022年の最低燃費 15.43Km/L 11月

 9年目

 2023年の最高燃費 26.71Km/L 9月

 2023年の最低燃費 12.91Km/L 2月

 10年目

 2024年の最高燃費 37.33Km/L 6月

 2024年の最低燃費 15.60Km/L 1月

 

 使い方が分かるほど燃費は良くなります

 長距離は、HVで走るので15Km/L前後です

 100Vの電源は、個人的に装備してた方が良いです

 旅行やアウトドアで重宝しますし

 災害時での非常時の発電機としても使えるので

 いざという時に、使えるのが魅力です

 GG2Wの駆動用バッテリーの容量は

 1000Whのポータブル電源 12個分です

 劣化すると12個分とは言えませんが

 ポータブル電源を12個買うとなると

 それなりの金額になります

 そう考えると

 中古のPHEVのコスパは非常に良いです

 

 新車時の容量

 GG2W アウトランダー 12kWh

 GG3W アウトランダー 13.8kWh

 GN0W アウトランダー 20kWh

amazon 楽天市場  Yahoo!ショッピング